スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.02 (Wed)

もう12月ですか・・・

かなり長い間更新が止まってましたが、生きてますよ~

前回から2ヶ月以上経っていますが、変わったことと言えば
レモンとニシキをお迎えしたのですが2日目に口元が赤く腫れて
その晩のうちに☆に、レモンは元気に今も泳ぎ回っています。

全体右、ソフト系ごちゃごちゃゾーン
左、ハード系ドームゾーン左、フラッシュ

ウズマキ、レモン、ナメラとヤッコはまだ3匹しか居ませんのでもう少し増やしたいと思ってます。

コバルト大ボスと巣1コバルト大ボスと巣2

しかし最近、コバルトオスで一番大きな奴がドームの足元の砂を掘って
巣を作り出しまして岩組みが崩れないかヒヤヒヤです

最近は忙しくてメンテナンスも殆どしていませんが(水替えも2ヶ月で1回50Lほど・・・)
オゾナイザーのおかげで水の黄ばみもコケの発生も抑えられているようです。

年末も迫ってますしまだまだ忙しいので次の更新はいつになるかわかりませんが
ぼちぼちやってます~


ヤドカリ
3匹「この貝殻は俺の物だ!」
10:42  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.17 (Thu)

最近の様子

先のリセット後にルリスズメ20匹とミツボシクロスズメ10匹を
群れで入れていましたが、やはり一匹ずつ標的になって
ルリ16匹、ミツボシ7匹になってしまいました。
ルリは2,3cmの小さい子達だったのですが
早くも?2匹ほどオスになったようで尻尾も青く染まっています。

その後、ヤッコ達を迎え入れる前にという事で
オゾナイザーを購入し、5分稼動55分休止のサイクルで動かしています。

暫く見守っていましたが、特に魚やエビに悪い影響は出て居なさそうだったので
ナメラ、ウズマキ、小さめのスカンク、ヤエヤマギンポを購入してきて入れました。

20090918.jpg

右奥にはヤッコの餌用ウミブドウが生い茂っていますが
食欲旺盛なようでどんどん食べて行ってくれてます。

08:01  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'08.18 (Tue)

みちのく一人旅

多数のヤッコ達を失い、失意のぜらすは大阪発の
夜行列車に乗り一路北を目指すのであった・・・
車内








ま、単なる帰省なんですけどね。


いつもは寝台特急日本海を使うのですが、今回は急に決めた事もあり
既に満席で切符が取れませんでした。
その為、大阪-東京-秋田の昼間新幹線乗り継ぎルートと
大阪-新潟-秋田の夜行&在来線の2ルートが候補に挙がりましたが
(飛行機だと片道38000・・・・)

今回は出来るだけコストを削減していこうという事にして

夜行急行「きたぐに」&特急「いなほ」で行く事に(片道13時間)
(特急を使わず在来線乗り継ぎだと3時間の乗り継ぎ待ち[片道16時間]と言う恐ろしい事に・・・)
(新幹線乗り継ぎでも最寄り駅まで9時間超・・・)

今回、2泊5日(車中2泊除く)の行程で帰省しましたが
日本海>超えられない壁>きたぐに寝台車>>新幹線乗り継ぎ>∞>きたぐに自由席

さすがに車中13時間はキツイです、腰に来ます!

次からは事前に予定立てておこうと誓うぜらすでした。



水槽のほうは120cmの方に全てを集約して暫く自重中です。

21:25  |  日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'08.05 (Wed)

一夜の悪夢・・・

一晩






たった一晩、帰ってきたらまさに悪夢






やはり一度バランスを失ってしまうと脆いものですね

原因はトリコディナ?皆、体表に白っぽい粘膜の層が出来ていましたので
残った2匹もかなり弱っているのでどうなるかわかりません


ん~~~・・・・・・・・・
12:45  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'07.23 (Thu)

前回記事から現在の状況は・・・・

前回の記事より一ヶ月も間が空いてしまいましたが
その間にはかなり大規模な事故がありまして・・・



前回の記事より数日後・・

夜勤から帰って扉を開けると何か臭う・・・・

「これは・・・硫化水素臭!?」

すぐに部屋の水槽を見に行くと水槽の中は灰色の世界

原因は濾過槽内を循環させている水流のホースが嫌気層を直撃していました・・・
後過去画像より、左から2番目の層

この影響で真っ先にエビやアナゴ等が犠牲となり
ヤッコ達も呼吸が荒く、レモンやコリンズなど体色の薄い個体を見ると
鰭の付け根や背中のラインに沿って赤くうっ血している
これは硫化水素のダメージというより細菌感染による症状と判断し
急いで作った海水に魚病薬を投入して生き残った魚を薬浴しました

この時点で既に弱っていたコリンズ、スミレが薬浴に耐えられなかったようで☆に
3日ほど比重1,015、エルバージュ(0.5g包x2)/120Lの濃度で薬浴していると今度は大白点祭りに

今度は比重1.010、GFG顆粒を5g包しかなかったのでペットボトルに入れた水で溶かして
3/5(3g相当)を120Lに、ここでアブラが☆に
なんとか生き残ったメンバーは経過表の通りです
かなり寂しくなってしまいました

その間に120水槽は濾材、底砂等全てを水道水で洗って天日乾燥
ほぼ完全にリセット状態となりました。


生き残ったヤッコ達の現状はと言いますと
当初のうっ血はエルバージュ浴により完治し、白点も低比重+GFGで完全とは
行かないまでもかなり改善したのですが、白点ではない白っぽい付着物が
アズファーに(たぶん体色のせいではっきり見えるだけで他の魚にも付いてる?)
エルバージュ、GFGに低比重でも取れないのでハダムシかと思い淡水浴をしてみるも
何も取れてこない・・・・いったいなんだろうか?


とまぁこんな現状でしてまだまだ苦戦中です
次に記事を書くときは画像を撮れるまで改善しているといいな~

22:51  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。