スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.03 (Fri)

出戻り、拡張、流出事故

出戻り全景

ご覧の通り初代水槽が帰ってまいりました(爆

これの設置のため昨日の休日は丸々使い、作業終了とほぼ同時に倒れこんだ私は
朝4時に目覚める事となりました(笑

設置途中には色々な事が起こり、本水槽の殺菌灯2連結(ターボツイスト12x+6x)から6xの方を
取り外して出戻り水槽に設置した所、本水槽の方で水流抵抗が減った為濾過槽の水位が低下
第三層の嫌気エリアに水面から下に落ち込んで上に巻き上がる流れが発生し
水中に大量の硫化水素が混入、激しい悪臭が漂いました・・・
普段なら蒸発と共にじわじわと水位が低下してそれに伴い、少しづつ流れ出す分には問題は無いようですが
今回は一気に流出したので魚のダメージが心配でしたが悪臭が感じられなくなるまで3時間ほどの間に
魚の呼吸が速くなる等の異常は見られませんでした。

その間になんとか水槽を設置し、ライブロックを入れ、底砂はとりあえず入れずにベアタンクとして
稼動させる予定です。

今回水槽と共に来た仲間は

ホワイトソックス
スカンクシュリンプ
コウワンテグリ

の3匹です。


おまけ


朝早すぎる時間に起きてしまった為、水槽の砂場メタハラ点灯時間(AM:5:00)に撮影した写真でも
ハゼx3ハゼ弱ハゼ並ハゼ強
左右がギンガハゼ、真ん中がサルハゼです。
・・・いくらなんでも強者と弱者の差が激しすぎると思いません?
これでも入海当初は同じくらいの大きさで仲良く並んでテッポウエビと共生してたんですよ・・・
22:28  |  機器  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'09.03 (Wed)

濾過槽改装 その後

濾過槽の改装をしてからしばらく経ちましたが、その間水替えせずに足し水でやってきました
1,2日おき程度にアンモニア、亜硝酸、硝酸塩のチェックをしてきましたが今日の昼のチェックでの値を

アンモニアはいつもの如く黄緑色、水道水でも蒸留水でも同じ色なので0なんでしょう・・・
亜硝酸もクリアーな水色、0~0.1って事で
硝酸塩1
硝酸塩2
硝酸塩の値ですが・・・・
テトラの試験紙では25よりは薄く、10と同じかちょっと濃い目って事で15として
レッドシーの試薬では・・・どの値か読むのが難しいです
5ではなさそう、20も違うなぁ~、10なのかなぁ???

改装のときに100リットル水替えしたときの値とほぼ同じって事は改装前のテトラ試験紙で
バッチリピンク色!50はあった事を考えると濾過第三層が活躍しているのかな?

第3層濾過第3層

当初は白い粒とピンク色のサンゴ砂だったのがだんだん灰色を帯びてきていていかにも臭そうです


で、昨日の出勤前に隔離BOXに入っていた3匹ですが、すでに水槽内を泳いでいて
代わりにボスのアブラ君がBOX内に収容されています・・・・

BOXの壁を一枚空けてそこから出て行った3匹ですが
まず最初にタテジマが出て行きました、アブラもレモンも近くに寄りはしますが
突いたり齧ったりはせずにそのまま何事もなくうまく進水。

次にナメラが出て行った・・・・瞬間にアブラに火が点きました!
ものすごい勢いで追いかけてアタックの連続です、逃げたナメラがガラスとBOXの隙間に挟まった
時は隙間に入れないアブラが隙間に向かってエラを大きく広げて口を突き出して暴れていました。

その間にこっそりとチャイロが出て行きました。
レモンが近くに居て、しきりに鰭を立ててレモンに側面を見せアピールしますが・・・・

華麗に スルー

元の大きさが違いすぎます・・・

その代わりにルリに目を付けられて追われますが、逃げるというより側面や背後に回りこむように
うまくかわしていきます。水中で互いをグルグル追い回したり、ライブロックの周りを回っていたりと
なかなか負けん気の強そうな子です。

そうしている間にナメラが隔離BOX内に逃げ込み、追ってきたアブラもBOX内に入ったので
チャンスとばかりに仕切りを閉じ、アブラだけを隔離BOXに収容に成功。

その後はアブラを除いて平穏みたいで、タテジマはスカンクにクリーニングしてもらう余裕すらあります。
アブラ君には悪いが、ナメラが自分の場所を確保するまで特設BOX席で観覧していただきましょう。



15:37  |  機器  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.24 (Sun)

続・濾過槽改装

昨日アップするつもりが今日になっちゃいました(^^;

とりあえず改装後の姿を、
正面
裏面

とまぁ、仕切り板を3枚設置して作ってみました。

第一層、「1cm厚スポンジ3枚」「小粒サンゴ砂」「大粒サンゴ砂」「ガラスリング濾材」
第二層、「3cm厚スポンジ2枚」「小粒、パウダーサンゴ砂混合」
第三層、「パウダーサンゴ砂、デニトロゲン混合」「1cm厚スポンジ1枚」「小粒、パウダーサンゴ砂混合」
第四層はポンプ室です。

第二層に入れる粒サンゴ砂が足りなかったので、パウダーを入れたら・・・
第2層

思い切り沸騰してます

おかげでポンプ室にパウダーが舞い落ちて行くのでスポンジマットを仕切りに挟んでます。
今朝見ると、だいぶ舞い上がって流れて行く量は減ってきているのでしばらくしてから仕切りのスポンジは
撤去しようかなと思います。

第三層は、自作豆腐で使わなかった詰め替え用デニトロゲン2/3とパウダーサンゴ砂を底に敷いて
海水館さんで過去にやっていた底面での還元濾過を試しに真似てみました。
第3層

はたしてこれでうまく行くのだろうか?
昨日100リットル水換えしたばっかりなので水質チェックでは
アンモニア ほぼ0ppm、亜硝酸 ほぼ0ppm、硝酸塩 10~15ppm位?でした。

養生していない還元BOXを投入したと同じようなことなので、亜硝酸が増えないか
今後注意して見守って行きたいと思います。

10:06  |  機器  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.22 (Fri)

濾過槽改装

注文していたアクリル板が届いて、夜勤明けなのに気合を入れて作業を始めてついさっきやっと終わった。

作業に没頭して途中の写真とか取れなかったのと水槽の水もちょっと濁りが取れてから本編UPしますね。
果たして思惑通りに働いてくれるかなぁ~
23:40  |  機器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.18 (Mon)

水槽スペック

今の120水槽は、始めた当初使った60ワイド一体型OF水槽と連結させた30H水槽、
連れが設置した60規格水槽の3本の設備機器を統合したもので、あきらかにスペックが
足りないものも流用しています。

【水槽】
 コトブキの枠ありガラス120x45x45をOF加工して貰った物を使用。

【水槽台】
 水槽と同時購入で2x4材で作ったものを使用。

【濾過槽】
 60規格水槽を流用し40cm+20cmになるように高さ20cmの仕切りを設置、
 40cm部分にGEXの金魚~Sサイズ水槽の底のプラ板を切り抜き縦に2個重ね合わせ、
 中には小豆大サンゴ砂、Lサイズサンゴ砂、リング濾材、ウレタンマットを投入。
 空いたスペースに海水館の還元BOX2個投入、20cm部分はポンプ室として使用、
 自作の還元BOXも投入。

【照明】
 自作150wメタハラx2、青色LED180連装。

【ポンプ】
 RMD-151
  当初、クーラーと殺菌灯を接続する為に使用、120ではクーラーのみ接続。
 Rio2500
  120の循環ポンプとして使用、殺菌灯2基を接続して使用。

【その他設備】
 ZR-75E 
  当初、120水槽など考えていなかったので明らかにスペック不足。

 ターボツイスト 6x、12x
  6xでも十分かと思ったが、セールで安かったので12xを購入、外すのは勿体無く
  思い、12x、6xと連結して設置、意味があるのかどうか・・・

 EHEIM2213
  元30cm水槽の濾過器、内部にスポンジ濾材とサンゴ砂を入れて濾過器としても
  使用、OFで油膜の取れが悪いので油膜取りを取り付け、排水は浮かせたライブロックの
  下部を流れるようにシャワーパイプを設置。

 小型扇風機 2基
  一基はメタハラ安定器に、もう一基は逆サーモに接続してスペック不足のクーラーに
  補助として稼動。

 レッドシーベルリン60+水心SSPP-2S
  濾過槽の空スペースに設置していますが、ポンプを止めると水没するので
  汚水を取り忘れるとまた水槽に逆戻り・・・

とりあえず常時設置しているのはこれだけかな?

文字ばっかりなので紹介1で使わなかった写真を一枚。
スミレモン080816

 
00:48  |  機器  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。