スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'12.05 (Fri)

ウールボックス??完成

以前から、OFして濾過槽に水が落ちるときに発生する音と
巻き込んだ空気の泡による塩ダレをなんとか抑える事は
出来ないものかと色々考え、試行錯誤をしてきましたが
ウールボックスの部分で水と空気を分離して、水だけを
濾過槽に落水させる事が泡を抑えるのに一番だと思い
何個か試作し、とりあえず満足の行く結果が出たのが

ウールボックスウールボックス

・・・・・

ま、激しく無駄なウ~~~~~ルボックスとは思いますが
水の流れるスピードを減速させて満遍なくするにはこの形かなと
サイズは860x100x120、思うような結果が得られなかった場合は
濾過槽上の隔離水槽としても使用できるようにしてました

これで濾過槽に空気の泡が落ち込む事はほぼ無くなり
垂直に落下してきた水がエルボ部分に叩き付けられる音を
解消すれば満足なのですが、アイデアは何個かあるけど
機材も資材も無いし、作っても機能するかは不明って言うのが
悩みですね

あと、ポンプ停止時の逆流を抑える為に塩ビパイプの途中に
チーズとキャップを使ってこんなのを挟み込んでいます
穴はキャップの回転で水位調整できるように中心からずらしてます

サイフォン切り材料

水位が穴の所までくれば空気を吸ってサイフォンが切れるようになっています
ポンプを始動するときは穴から勢い良く水が噴射するからちょいと注意
水位が安定すれば水面を程よく揺らす流れになるから問題ないけどね
スポンサーサイト
19:19  |  機器  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

凄いですね!これ自作ですか~e-460
僕も色々楽しみながら悩んでます。
cordblue | 2008年12月05日(金) 19:22 | URL | コメント編集

なるほど、そうやってやるんですね。
解りましたぁ~ 近々マネしようっと。(笑)

我家は逆OFなんで、落下する水をどうにかするにはなるべく
水中深くパイプを入れるしかないので延長しました。
ある程度の音とか塩ダレは減ったような気がします。

自分もですが、色々いじりだすとあれやこれやしたくなりますよね。
YAMATO | 2008年12月05日(金) 20:20 | URL | コメント編集

cordblue さん

立ち上げ時の方が途中で弄り回すより
大胆に工事できるからいいですよね~
どんな風になっていくか期待してみていますよ(^^

YAMATO  さん

使っているチーズは真ん中の部分が
パイプと同じ径になっているのを使用しています
普通のチーズだと短く切ったパイプを挟み込む
必要があるので飛び出し部分が長くなります

私もパイプを底まで伸ばしてみたけど
長くなる分の水圧ではまったく効果が無く
N字型にパイプを連結して抵抗を増やしたり
でも結局パイプの径を小さくするほうが効率が
いいんだけど、その場合は異物が詰まったり
最大流量が減ることで本水槽が溢れる危険も
高くなるので取りやめました
ぜらす | 2008年12月06日(土) 16:21 | URL | コメント編集

なるほどなるほど!!!こうやって水の落ちる音の解消と塩ダレを解消した訳ですね!!^^
いろいろ試行錯誤して考えた結果、いい感じに出来上がったじゃないですか!!!^^
今後の参考にさせてもらいますね!!^^
濾過槽どうにもならないから、キー坊さん家に送っておきましたよ!!との便りを期待していたんですけど・・・^^;
(キー坊)国王 | 2008年12月06日(土) 16:46 | URL | コメント編集

(キー坊)国王 さん

まぁ、無駄にならずに済んでよかったです
本体は3mmで作って蓋はケチって2mmで作ったら
湿気と自重で撓んでしまいました
補強を入れて真っ直ぐになるような加工がまた必要です・・・

試作品の見た目がボロイウールボックスなら取りに来れば・・・
材料費数百円ですが(笑
ぜらす | 2008年12月06日(土) 23:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://xellass2008.blog50.fc2.com/tb.php/53-23e590ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。