スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'07.23 (Thu)

前回記事から現在の状況は・・・・

前回の記事より一ヶ月も間が空いてしまいましたが
その間にはかなり大規模な事故がありまして・・・



前回の記事より数日後・・

夜勤から帰って扉を開けると何か臭う・・・・

「これは・・・硫化水素臭!?」

すぐに部屋の水槽を見に行くと水槽の中は灰色の世界

原因は濾過槽内を循環させている水流のホースが嫌気層を直撃していました・・・
後過去画像より、左から2番目の層

この影響で真っ先にエビやアナゴ等が犠牲となり
ヤッコ達も呼吸が荒く、レモンやコリンズなど体色の薄い個体を見ると
鰭の付け根や背中のラインに沿って赤くうっ血している
これは硫化水素のダメージというより細菌感染による症状と判断し
急いで作った海水に魚病薬を投入して生き残った魚を薬浴しました

この時点で既に弱っていたコリンズ、スミレが薬浴に耐えられなかったようで☆に
3日ほど比重1,015、エルバージュ(0.5g包x2)/120Lの濃度で薬浴していると今度は大白点祭りに

今度は比重1.010、GFG顆粒を5g包しかなかったのでペットボトルに入れた水で溶かして
3/5(3g相当)を120Lに、ここでアブラが☆に
なんとか生き残ったメンバーは経過表の通りです
かなり寂しくなってしまいました

その間に120水槽は濾材、底砂等全てを水道水で洗って天日乾燥
ほぼ完全にリセット状態となりました。


生き残ったヤッコ達の現状はと言いますと
当初のうっ血はエルバージュ浴により完治し、白点も低比重+GFGで完全とは
行かないまでもかなり改善したのですが、白点ではない白っぽい付着物が
アズファーに(たぶん体色のせいではっきり見えるだけで他の魚にも付いてる?)
エルバージュ、GFGに低比重でも取れないのでハダムシかと思い淡水浴をしてみるも
何も取れてこない・・・・いったいなんだろうか?


とまぁこんな現状でしてまだまだ苦戦中です
次に記事を書くときは画像を撮れるまで改善しているといいな~

スポンサーサイト
22:51  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。