スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.16 (Thu)

リミットは2時間

かなり見難い長文です・・・

今日の朝、シマの様子を見ると昨日一昨日はかなり白点が見られましたが
今日は数粒確認されるだけで落ち着いてきた様子、これであれば餌付けに
問題は無いでしょう。
餌付けですが、冷凍コペポとホワイトシュリンプはそれなりにパクパクしているんですが
メガバイトGにはまだ気にはなるけど食べるまでには至ってない状況です。

そのまま午前中は部屋からメインとサブの水槽を眺めて過ごして、今日は早めに
家を出て昼飯食べてから夜勤に出発しようとリビング側に移動したときに見てしまった・・・

















濾過槽の下が水で濡れている!!!!


以前アクリルの仕切りを付けましたが、その時ちょいときつめでしたが仕切りが上手く
はまったのでそのままコーキングして使用しました。その後しばらくして横板と底板の
間のシリコン内に空気・・いや、真空の隙間が現れ次第に左右に広がっていきました。
その為、現在新しく濾過槽を買い直そうとしているのですが一歩先に限界が来て
しまったようです。

確認すると幅2ミリ位の穴でそこからじわじわ染み出してきている様子でした
その周りにタオルを置いておけば一晩くらいはいけそうでしたが、水槽台が木製であり
海水が染み込んで行く量を考えるとそのままにして置く訳にはいきません。
ちらりと時計を見ると出勤の限界時間まで2時間ちょっと・・・急いで作業に入りました。

まず、ポンプが回っている状態で水槽の水を抜いて行き、濾過槽の水が無くなるまで
約40リットルほど退避。その後ポンプを止めて濾過槽の濾材を発泡スチロールの箱に
移して水槽台から慎重に移動させました。

コーキングしても乾くまでの時間がありません、そこで30H水槽を臨時の濾過槽に!
水槽台の濡れている所をタオルで出来るだけふき取り、そこに30H水槽を設置
その中に水中ポンプとマグネットポンプの吸い込みパイプを設置、洗濯ネットに入った
リング濾材を入れ、その上に洗濯ネットに入ったLLサンゴ砂を入れ、小豆大サンゴ粒と
リング濾材の混合したものを流し入れ・・・濾過槽の第1層、第2層の濾材が全部収まり
還元BOX2個と自作1個は濾過槽内に入れることが出来なかったので本水槽内に入れ
抜いておいた海水をポンプを稼動させてあふれない様に入れて行き、濾材が全部
水没するラインまで入れました。
この状態ではポンプ停止時に流れ落ちてくる水を受け止めるバッファが全く無いので
非常に危険ではありますが今夜だけ何事も無く過ぎてくれればいいのです・・・

これで本水槽はとりあえず洪水注意報が発令されていますがまずは安心
問題は濾過槽修繕には第3層を退避させなければいけません・・・

第3層 嫌気還元層

非常に危険な香りが(リアルに)漂います・・・しかし手を入れないわけにはいけません
まず、表層パウダー&サンゴ粒混合層は若干硫黄臭がしてサンゴ粒は灰色に変色
そして挟まれているスポンジも若干灰色に・・・スポンジをめくるとそこは・・・・

逝けます!密室だと軽く逝けます!!

パウダーの色は濃い灰色、デニトロゲンも灰色になっています
その混合物を手ですくってバケツに・・・・グホッ・・グホッ・・・
なんとか内部を空にすることが出来、綺麗に水をふき取り、漏水部をコーキング処理
しました、これで明日帰宅したら水密試験後にまた移し変える作業に入れるでしょう

ここまででリミットまであと15分というところでした。

今回嫌気層をいじって感じたことは

のどと鼻が痛くなる・・・・

では無く、最下層でかなりの硫化水素が発生していてもその上層で適度な水流さえ
あれば本水槽に高濃度の硫化水素は流れ込まないと言うことですかね?
水槽内の硝酸塩濃度も低レベルで推移していましたし上手く稼動していたと思います。

早く新しい濾過槽を発注したいけど、見積もりが後一箇所出てないんですよねぇ
そこが一番安いというわけでは無さそうですがメールでやり取りが多くて時間が
掛かっていて、他の所は大体の概要だけで金額を出してきた所や、図を送って
それで金額を出してきた所等ありますが、金額¥54000~¥42000送料込み
といった所です。さすが大手通販専門店は金額が安いですね、個人商店クラスだと
どうしても金額が高くなるようです。
スポンサーサイト
20:16  |  機器  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。