スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.27 (Mon)

週末は大忙し

この週末は色々な事が起きすぎて大変でした。

まず、カニハゼ君が2週間という短い期間でお亡くなりに・・・
イジメも無く、砂を頬張っている姿を見ていましたので
スカンクに抱えられた姿で見たときはショックでした。

そして、テッポウエビの親方の仕事によってまたしても
水槽左に設置していたライブロックドームが崩壊・・・
今回はもう「かまくら」形状にはこだわらなくして
普通に積み上げて行きました。

水槽左水槽右
左斜め上から右アップ

左はある程度中心部を空洞にして、回りはガッチリ壁にしました。
上のほうにハードコーラルとシャコ貝を配置。

右はソフトコーラルを中心に配置、やっぱりチジミは良いですねぇ~
メタハラ+青色LEDだけど、今度赤色LED買って来てエロエロ光線もいいかも(^^

ペア?

最近この二匹が寄添っているのをよく見かけるのだけど・・・たまたまかな?
色彩的にペア!と言いたい所だけどねぇ

隠れキャラ

最近ぜんぜん見かけなかったこいつもライブロックの中から飛び出してきて
一応健在である事が判明。

レイアウトと言えるのか、ただ積んだだけなのか微妙なところではありますが
サブ水槽には今回使用しなかったライブロックが大量に余っちゃった・・・
とりあえず生体も居ないしライブロック貯蔵タンクとして回しています。
スポンサーサイト
23:53  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.21 (Tue)

シマ合流(追記)

夜勤を終え帰宅し、ついにシマの本水槽合流の日が来ました。

シマサブ水槽最後の時

一人で食べる餌もこれで終わりです、次からは餌を食べるのも戦いになります!

循環ライン連結

サブ水槽のポンプ室、水槽面と本水槽の水槽面の高低差を利用したサイフォンで
徐々に飼育水を混合し同じ水質にあわせます。

比重

約一時間後、ほぼ比重は同等に。これならば大丈夫でしょう

出走準備完了

出走準備は整いました、運命がもうすぐそこに!!












何事も起きずに合流に成功!!!

その後も観察を続けて居ますが・・・・何も起きません・・・・・・




それでは困るんだ!

シマの序列をどう決めるのか決め手がありません・・・・・

消去法で行くと、体格差がありすぎるチャイロ、フレーム、ブルー、アカハラは論外
一回り小さ目の、ウズマキ、ナメラ、スミレ、チリメンも手が出ないでしょう
そうすると、No.3ルリはといえば・・・ちょっと遠慮気味、シマの優勢でしょう
で、No.2のレモンは、近くに居てもいつもと変わりは見られません・・・引き分け?
ボスアブラも・・・・変化無し・・・・・う~~~~~ん・・・・

ボスアブラ陥落という要因はありませんのでボスはアブラで良いでしょう
レモンも争いに負けたわけではありません、No.2で良いでしょう
という事は、ルリにかわってNo.3シマで良いかな?
トップ3とも±70mmと多少の誤差はあるかもしれませんが同じです

最新ランキング

1、アブラ    70
2、レモン   70
3、シマ   70
4、ルリ   65
5、チリメン  63
6、スミレ   61
7、ウズマキ 57
8、ナメラ   59
9、ブルー   50
10、チャイロ  49
11、アカハラ 53
12、フレーム 46

という事に落ち着きました。

今後の展開によっては大幅な入れ替えがあるかもしれません

サボテン草の芽

話題は変わって、底砂の中ほどに現れたサボテン草の根
ガラス面に到達後は上下に伸びていきましたが今日見ると
砂から顔を出した部分が芽になってここからサボテン草が
新たに生えてきそうです。
15:00  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.20 (Mon)

三ヶ月!

フレームエンゼルもめでたく3ヶ月となりました~
フレーム1フレーム2
フレーム3フレーム080818
今の様子3方向と過去の画像です。

結構変わったな~

こんな彼ですが・・・・

管理人視点ヤッコ強さランキングでは

堂々の最下位!

自分より小さいチャイロに追い払われ、新入りのアカハラにも追い払われます・・・
でも、中堅以上のヤッコ達からはそんなに邪険に扱われず済んでいるので
そんなに心配するような事もないでしょう

脇役達でも3ヶ月を迎えたものが居ます

ミナミサルハゼ
ミナミサルハゼ君です

こいつも

底物の中でも一番底に位置します(涙

判定基準は、
ヤエギンと大銀河に攻撃される(ギンポはこいつだけ、大銀河は小銀河とこいつ)

他のスクータ達やカニハゼは目の前を横切っても威嚇程度なのに・・・

他にソメワケイソハゼとテッポウエビの親方が3ヶ月なんですが
写真に収める事が出来ませんでした・・・

いつも写真に写りにくいメタハラ直下に位置するこいつら
シャコ貝
メタハラ球からUVカットガラスも無い直射光線を浴びても元気にやっております。

いよいよ明日はシマの合流かな?現在メインは1.021、サブは1.019です。
15:14  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.17 (Fri)

祝!6ヶ月

本日めでたく、
ヤエヤマギンポが入海六ヶ月を迎えました~ヤエギン
中々全体像を撮らせてくれないのでこれでご容赦を・・・

現在こいつは底物のボスの座に座っていると思われます
大ギンガからの威嚇は受けますが、まったく意に介さず
悠々と水槽内を闊歩しています。

同じく節目の三ヶ月を迎えましたのは

現在のボス アブラヤッコ
野心家の  ルリヤッコ
未来のボス ウズマキ


この3匹です。

アブラ(キーホール)は先任であるレモンとチリメンを抑えて
現在のボスに君臨しており、レモンも中々隙を見てその座を
狙っているようですがそうは行かないようです。

ルリ、こいつは最近頭角を現して来ており、レモンと体合わせを
するのを幾度と無く見かけております。このままではレモンがボスの
座を狙う以前にNo2の座を奪われてしまうかもしれません・・・

いまだ幼魚柄のウズマキではありますが、大型ヤッコという
潜在能力を秘めておりますので今後の成長次第では
ボスの座に君臨する事も可能と思われます・・・・・が、
ブルーという強敵が入海し、その負けん気の強さを見せ付けて
いるので、今後の展開次第ではどう転ぶか予断を許しません。

そのウズマキの今と昔の画像を比べてみましょう
ウズマキウズマキ080818

こう見てみるとその成長具合が伺えます。

シマヤッコの餌付けは、冷凍ホワイトシュリンプならパクパク問題無く食べる様に
メガバイトGも数粒食べるようでそろそろ合流の時期が来たと思いますが、
現在比重1.010にしているサブタンクから比重1.020~1.024のメイン水槽に
移し変えるために、サブ水槽の比重はどのような段階を踏んで上げて行った方が
良いのでしょうか?
基本的に白点駆除の低比重では無く、餌付けの邪魔になる白点を抑制して置く
為の低比重だったのでそんな長期の低比重環境ではなかったのですが
一気に1.020まで上げるとまずいですかねぇ?
21:52  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.16 (Thu)

リミットは2時間

かなり見難い長文です・・・

今日の朝、シマの様子を見ると昨日一昨日はかなり白点が見られましたが
今日は数粒確認されるだけで落ち着いてきた様子、これであれば餌付けに
問題は無いでしょう。
餌付けですが、冷凍コペポとホワイトシュリンプはそれなりにパクパクしているんですが
メガバイトGにはまだ気にはなるけど食べるまでには至ってない状況です。

そのまま午前中は部屋からメインとサブの水槽を眺めて過ごして、今日は早めに
家を出て昼飯食べてから夜勤に出発しようとリビング側に移動したときに見てしまった・・・

















濾過槽の下が水で濡れている!!!!


以前アクリルの仕切りを付けましたが、その時ちょいときつめでしたが仕切りが上手く
はまったのでそのままコーキングして使用しました。その後しばらくして横板と底板の
間のシリコン内に空気・・いや、真空の隙間が現れ次第に左右に広がっていきました。
その為、現在新しく濾過槽を買い直そうとしているのですが一歩先に限界が来て
しまったようです。

確認すると幅2ミリ位の穴でそこからじわじわ染み出してきている様子でした
その周りにタオルを置いておけば一晩くらいはいけそうでしたが、水槽台が木製であり
海水が染み込んで行く量を考えるとそのままにして置く訳にはいきません。
ちらりと時計を見ると出勤の限界時間まで2時間ちょっと・・・急いで作業に入りました。

まず、ポンプが回っている状態で水槽の水を抜いて行き、濾過槽の水が無くなるまで
約40リットルほど退避。その後ポンプを止めて濾過槽の濾材を発泡スチロールの箱に
移して水槽台から慎重に移動させました。

コーキングしても乾くまでの時間がありません、そこで30H水槽を臨時の濾過槽に!
水槽台の濡れている所をタオルで出来るだけふき取り、そこに30H水槽を設置
その中に水中ポンプとマグネットポンプの吸い込みパイプを設置、洗濯ネットに入った
リング濾材を入れ、その上に洗濯ネットに入ったLLサンゴ砂を入れ、小豆大サンゴ粒と
リング濾材の混合したものを流し入れ・・・濾過槽の第1層、第2層の濾材が全部収まり
還元BOX2個と自作1個は濾過槽内に入れることが出来なかったので本水槽内に入れ
抜いておいた海水をポンプを稼動させてあふれない様に入れて行き、濾材が全部
水没するラインまで入れました。
この状態ではポンプ停止時に流れ落ちてくる水を受け止めるバッファが全く無いので
非常に危険ではありますが今夜だけ何事も無く過ぎてくれればいいのです・・・

これで本水槽はとりあえず洪水注意報が発令されていますがまずは安心
問題は濾過槽修繕には第3層を退避させなければいけません・・・

第3層 嫌気還元層

非常に危険な香りが(リアルに)漂います・・・しかし手を入れないわけにはいけません
まず、表層パウダー&サンゴ粒混合層は若干硫黄臭がしてサンゴ粒は灰色に変色
そして挟まれているスポンジも若干灰色に・・・スポンジをめくるとそこは・・・・

逝けます!密室だと軽く逝けます!!

パウダーの色は濃い灰色、デニトロゲンも灰色になっています
その混合物を手ですくってバケツに・・・・グホッ・・グホッ・・・
なんとか内部を空にすることが出来、綺麗に水をふき取り、漏水部をコーキング処理
しました、これで明日帰宅したら水密試験後にまた移し変える作業に入れるでしょう

ここまででリミットまであと15分というところでした。

今回嫌気層をいじって感じたことは

のどと鼻が痛くなる・・・・

では無く、最下層でかなりの硫化水素が発生していてもその上層で適度な水流さえ
あれば本水槽に高濃度の硫化水素は流れ込まないと言うことですかね?
水槽内の硝酸塩濃度も低レベルで推移していましたし上手く稼動していたと思います。

早く新しい濾過槽を発注したいけど、見積もりが後一箇所出てないんですよねぇ
そこが一番安いというわけでは無さそうですがメールでやり取りが多くて時間が
掛かっていて、他の所は大体の概要だけで金額を出してきた所や、図を送って
それで金額を出してきた所等ありますが、金額¥54000~¥42000送料込み
といった所です。さすが大手通販専門店は金額が安いですね、個人商店クラスだと
どうしても金額が高くなるようです。
20:16  |  機器  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.15 (Wed)

花満開

いやぁ~、帰って水槽見たら昨日入れたツツウミズタが
綺麗に満開状態!さらにスジチジミトサカ群も全開といっていい状態
今日はデジカメ無いので写真をお見せできないのが残念です。

そうそう、昨日「ポチャン」した連中の報告ですが・・・

レッドスクーター:

コウワンテグリに威嚇されるもそれだけ

カニハゼ:

特に誰も気にせず

アカハラヤッコ:

アブラ、レモン、ルリ、スミレ、ナメラ、フレームのフォーメーションアタック炸裂!しかし
逃げて交わして何とか切り抜け少々のヒレ切れで済みました

ブルーエンゼル:

果敢にも(無謀?)アブラと体合わせ!最初はとまどっていた?アブラもいい加減
ムカついて来たのか強烈な一撃!背鰭にHit!
その後もレモン、ルリ・・・・・と色々挑戦、しかしことごとく退けられるも
まぁ、自分の体格と同等以下よりは優位な立場は手に入れた模様

気になったウズマキとの対決ですが、ウズマキは無視を決め込んだ模様
これは

「ふっ、俺様がこんな小さいのを相手にしてられるかぁ!」

なのか

「えっ?えっ?何?どうしたらいいの?僕より小さいし何もしなかったら何もしないよね?」

某王子の血筋に連なる者でない事を切に祈るばかりであります(爆

今日帰宅段階では散発的な小競り合いは見受けられますがこんだけ居れば
いつもの事(笑)なんで混泳第一段階は成功と見ていいかな?
これも、ヤッコ軍団の攻撃対象が2匹に分散した事も一因ですが
この頃、ルリがレモンに対して体合わせを仕掛けたりその他
チリメン、スミレ、ナメラでの小競り合いが発生している事もあって
新入りだけに構っていられないという状況だからかもしれません

餌付け終わったらここにシマ入れるんだよなぁ・・・・・・

大丈夫だろうか?
22:37  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.14 (Tue)

ついにこの日が!

ついに!
出ました白い粒々・・・

シマヤッコ(マーシャル)に!・・・

う~む、ブルーとアカハラにはまだ出ずにシマに出たのが痛い・・
なぜなら餌付け中で食べるのは冷凍コペポとホワイトシュリンプを少々ってな感じ
これでは体力勝負は分が悪いでしょう。

というわけで、サブタンクに居たメンバーのうちシマヤッコを除く全員をメインに

ポチャン!

サブ水槽の比重をグングン下げて1.010に!
シマの様子は特に呼吸が荒くなったりはしていないので大丈夫かな?
朝方付いていた白点はその時には取れて見えなくなったので大部分は
ごみと一緒に吸い出したかと思われます。

ライブロックをツンツンするのが多く見られた為、シマの餌付けの為に
今まで買って試した事がなかった海水魚用ハンバーグをライブロックに
餌付け
ぬりぬり・・・

・・・・・・ん~~~~、興味示さずかな?
まぁ、しばらくこのまま放置しておいて翌朝食べてなかったら一度取り出しますか

あ、あと今日はC.P.ファームからソフトコーラル2種が届いたので紹介を

まず、
ツツウミズタ1ツツウミズタ2
ツツウミズタヘアリー蛍光グリーンポリプ!

なかなか咲かなかったんでアップ時間をギリギリまで待ちました(笑

お次に、
チジミトサカ1チジミトサカ2
スジチジミトサカ12個+1群落!

輸送中に一本取れてしまっていたので、とりあえず活着させてみようと既存のチジミの下に

今日は色々した休日でしたが、明日の朝シマ君がどうなっているか要観察ですね!



カニハゼ・・・あれ?僕達の出番は?

コウワンテグリ上も下も騒がしいぞ~~!!


23:19  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.12 (Sun)

本日のニュース

こんにちは、本日のニュースです。

まず最初のニュースから・・・
本日未明、紅藻をねぐらにしていたカクレクマノミが
水槽台の下で一夜干しで発見されました。

彼はカクレトリオの中で唯一イソギンに興味を示さなく、3匹一緒に居る中でも
ちょっと浮いている存在ではありましたが、なぜ彼がこのような行動に出たか
不明です。この事故に対し管理人は、
「蓋を完全にするのは不可能なので、水槽の縁に壁を立てる等の対策を考えています。」
とのコメントを発表しました。

次のニュースです。
久しぶりにチンアナゴのボスが引越しの為にその全貌を明らかにしました。
引越し
彼は目測25~30cmの巨体をヤッコ達に見せつけ、
「いつも頭つついてんじゃねぇぞ」
と言いたげでした。その引越し先ですが、ライブロックドーム右下の岩の陰にその居を
移しましたが、頭の上がすぐ岩なので体を伸ばす事が難しく、エサも流れてこなさそうなので
早々に再び引越しが行われると予想されます。

今回、被験者2号として新たに導入されました。
(被験者1号は、ナガレハナサンゴ\1,000-。ヤッコ達が食べるかどうかの試験)
ミドリイシ
ブリードミドリイシ\2,000-
この水槽でミドリイシが上手く行くか実地試験の為に
購入されてきましたが、このミドリイシの名前がわかる方がいらっしゃいましたら
教えてくださいますようお願いします。現在、先端が淡い青色をしておりこれが
どのように変化していくか皆様予想してください。

1、全身茶色
2、全身青色
3、全身白色

正解者には、特に何もありません(爆

では最後に今日のサブタンクの様子をお送りしてお別れしたいと思います。
サブタンク
15:09  |  訃報  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.11 (Sat)

青い子、赤い子

さて、一日引っ張っちゃいましたが
今回新たに入った仲間を紹介します。

青い子赤い子赤い子2
青い子、ブルーエンゼル50mm。
赤い子1、アカハラヤッコ53mm
赤い子2、レッドスクーター
です。

青と赤という時点で大体は予想ついたんじゃないかな?
昨日は少しやりあったみたいだけど、昨日真っ二つに裂けていた
ブルーの尻尾も綺麗にくっついて傷が無かったかの様で
今日は二匹とも互いに意識しているような素振りは見せません

エサもたっぷり食べてるしいつもの隔離BOXでの様子見ならば
放流しているところですが、今回は一度サブ水槽で白点が発症し
それが回復するという所までいったら合流させる事にしています。


入海時点での映像です。現在はライブロックも入れています。
22:31  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.10 (Fri)

かわええ~

今日のお昼にV店から届いた子達


かわえぇぇえぇ~~

半日ずっと見てました(爆

チョイ今から梅田に飲みに行くので続きは帰ってきてから~

23:50追記↓ ・・・orz
19:00  |  新入り  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.08 (Wed)

水質検査~

久しぶりに水質チェックをしてみた
先の全換水から足し水だけで水替えをしていなかったので
結構汚れているだろうと思いましたが・・・
硝酸塩1硝酸塩2

ん?

・・・・・2.5

おぉぉ~、これなら後一ヶ月位は水替えなs(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

とりあえず予想に反して硝酸塩濃度が低かったです
これも現在の濾過槽が上手く機能しているのかと思います
濾過槽

ですが、この現在の濾過槽を容量約1.8倍の90x40x45の
大きさにパワーアップさせる計画があります
さすがに特注アクリル濾過槽ですと値段が張りますので
今いくつかの業者さんに見積もりを依頼しています
15:40  |  検査  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.06 (Mon)

ついに設置完了

YAMATOさんの支援を受けてやっと飼育日数カウンタが設置されました
ありがとうYAMATOさん、お礼に我が家のライブサンドを進呈しましょう(笑

それにしても、この水槽で一番長いのは魚の中ではヤエヤマギンポでしたか
※番外でパイロット?としてタカラガイ4匹(キイロx2ハナビラx2)飼育開始10日目入海

プラグイン記入のために購入、没履歴を見てみると、初期に入ったヤッコメンバーは
ソメワケ、フレーム、ルリでしたが5月に一瞬高気温の日が続いた時期があったと思いますが、
当時まだクーラーを用意していなかった影響で水温上昇、調子崩して白点で瞬く間に☆に・・・
すぐさまクーラ購入したら涼しくなったりという記憶がよみがえります

現在飼育日数トップのヤエヤマギンポをネタに良い感じの写真が撮れました
ギンガとテッポウギン対決1ギン対決2ギン対決3
色々な物語を構想してみましたが愛知のT氏と比べて激しく見劣りしそうなので各自で補完を(笑
23:33  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.05 (Sun)

昼と夜の水景

最近色々と水槽内をいじくり回して、大量のデトリタス等が舞い散っていますが、
魚達に白点が出てくる様子はありません。
殺菌灯を点けているとは言え、白点虫が死滅するとは考えられないので
この過酷な環境内で魚達が抵抗力を増したという事でしょうか?

とりあえず最新の水槽内の状況を動画二本立てで
メタハラと青色LEDで映しています。





あまりカメラワークがうまくないのでご勘弁を・・・
23:48  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.03 (Fri)

出戻り、拡張、流出事故

出戻り全景

ご覧の通り初代水槽が帰ってまいりました(爆

これの設置のため昨日の休日は丸々使い、作業終了とほぼ同時に倒れこんだ私は
朝4時に目覚める事となりました(笑

設置途中には色々な事が起こり、本水槽の殺菌灯2連結(ターボツイスト12x+6x)から6xの方を
取り外して出戻り水槽に設置した所、本水槽の方で水流抵抗が減った為濾過槽の水位が低下
第三層の嫌気エリアに水面から下に落ち込んで上に巻き上がる流れが発生し
水中に大量の硫化水素が混入、激しい悪臭が漂いました・・・
普段なら蒸発と共にじわじわと水位が低下してそれに伴い、少しづつ流れ出す分には問題は無いようですが
今回は一気に流出したので魚のダメージが心配でしたが悪臭が感じられなくなるまで3時間ほどの間に
魚の呼吸が速くなる等の異常は見られませんでした。

その間になんとか水槽を設置し、ライブロックを入れ、底砂はとりあえず入れずにベアタンクとして
稼動させる予定です。

今回水槽と共に来た仲間は

ホワイトソックス
スカンクシュリンプ
コウワンテグリ

の3匹です。


おまけ


朝早すぎる時間に起きてしまった為、水槽の砂場メタハラ点灯時間(AM:5:00)に撮影した写真でも
ハゼx3ハゼ弱ハゼ並ハゼ強
左右がギンガハゼ、真ん中がサルハゼです。
・・・いくらなんでも強者と弱者の差が激しすぎると思いません?
これでも入海当初は同じくらいの大きさで仲良く並んでテッポウエビと共生してたんですよ・・・
22:28  |  機器  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。