スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'09.04 (Thu)

心配な二匹・・・

ソメワケヤッコとシテンヤッコ、この二匹の状態がちょっと思わしくない。

まず、ソメワケヤッコ。こいつは右の鰓蓋、丁度ヤッコの鰓のトゲ付近に怪我をしていたのだが
それがだんだんと広がっているように見える。このまま止まってくれればいいのだが、そんなに大きな
固体でもないのでこれ以上広がったら厳しいと思われる・・・

次にシテンヤッコだけど、こいつは入海当初も背鰭のラインと尻鰭のライン、まぁ縁側の部分が
筋状に赤く充血していたのだが、先日よりまた症状が出始めた。
その時は殺菌灯を停止してプロバイオテックマリンフォーミュラを多めに投入してしばらくしたら
収まった為、今回も同じように処置をしてみた。

シテンヤッコは幼魚で色も薄い黄色で透けて見えやすいので症状が目視できるけれども
他の色の濃い魚は目視がしにくいのでわからないが、大き目の魚体のレモンに症状が
目視できないのでまだ様子を見ていますが、これが広まらないように祈っております。

入海当初と新しく他の魚が入ってきたので興奮して充血しているだけならいいなぁと。


それとは別に、今回新しく入海したチャイロにほぼ同等な体格のフレームが追われています・・・
双方3,4cm程度なのですがまさか先に居るフレームが追い詰められるとは予想外でした

「それでも、数々の水槽で猛威を振るってきた一族の仲間か」

これはやっぱり別格の体格を誇る大ボスを入れて睨みを利かせる方法を取るのがいいのかな~
スポンサーサイト
23:42  |  タンクメイト  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。